story あの会社「ならでは」のストーリー

ボーダレス・ジャパン Vol.04
コミュニティでお互い助け合いハッピーになるというのが未来像。

社会課題解決の仲間を増やすことを大切にしている鈴木氏も、近ごろ耳にすることが増えた大企業のソーシャルビジネスへの取り組みについては懐疑的です。

「僕はほぼ無理だと思っています。既存のルールに適合させて利益性を追求した組織モデルに混ぜ込もうとすると破綻してしまう。別組織としてゼロベースで立ち上げる、既存の枠組みと分離した形でつくるしかない」

そこには、ソーシャルビジネスしかやらない会社としてのプライドもあるでしょう。もちろん、大企業が持つ技術的強みや独自のインフラがあることを評価した上で、「その資産をスタートアップやソーシャルスタートアップへの支援として注入することでビジネスになり、社会にインパクトを生み出すことにつながるやり方がいい」と言います。ここでも、どうすれば世の中で増え続ける社会課題を一つでも多く解決し、社会にインパクトを出せるかというボーダレス・ジャパンの信念が見えます。未来の社会構造がどうなるかを見据え、一人ひとりが幸せになれるような世の中、枠組みとは何か・・。

「小さなコミュニティがたくさん生まれてくるのが未来像。コミュニティでみんながお互い助け合ってハッピーになるというのをどれだけ世の中が多く生み出していくかだし、それをうまくつなぎあわせられるか」

BORDERLEDD

この考えは「J-naradewa」が取材したいくつかの企業でも浮かび上がった「地域に密着して分散型の価値を創出する」、「顔の見える距離、規模での価値創出」という考えとイコールだと感じます。実際にバングラデシュで事業が生まれたり、宮崎県で事業がはじまったり、またある事業はグアテマラの社会課題を解決するために生まれたり。コミュニティにある社会課題を解決し続けるボーダレス・ジャパンが思い描く未来像には、同じ志を持ち、同じ方向に向かう仲間がいれば、世の中は変えていけるんだと信じさせる強さがあります。

私たち「J-naradewa」は中堅・中小企業のJ-CSVに光を当て、その取り組みを世の中に広めることを「志」としています。その想いを鈴木氏に伝えると、これから社会がどんどん個別分離していく流れでは、できるだけ小さいグループで顔が見える関係性の中で経営することで親和性も高くなると言います。

「中小企業が自分たちの仲間、社会課題の困っている人たち、お客さん、全部ワンセットで、みんながハッピーになるモデリングができていくっていうのがやりやすいと思うんです」

ソーシャルビジネスに、終わりはない。

ボーダレス・ジャパンでは、社会課題解決のスピードをあげるための策の一つとして「社会起業家養成所」を始動させました。いきなりの起業ではなく、田口社長や鈴木氏、外部から招いた講師と共にソーシャルコンセプトやビジネスプランをつくる経験を通して、起業するためのノウハウを吸収させる。自分がやりたい事業を見つけられる。起業のハードルを下げることにつなげていくそうです。社会課題を解決する仲間を増やすこの取り組みは、ソーシャルビジネスに精通したボーダレス・ジャパン「ならでは」です。

まだまだ世界には社会課題が放置され、解決を待ち望む人たちがいます。また社会課題の解決には、多くの仲間を必要とします。そして一度はじめると簡単にはやめられない事業です。だからこそ「社会起業家のプラットフォーム」から成功する仲間を増やし続ける必要があります。ソーシャルビジネスしかやらない会社「ならでは」の仕組みや志、ノウハウで、様々な社会課題のファーストペンギンであり続けようとするボーダレス・ジャパン。ソーシャルインパクトを拡大し続けることにこだわり、今後もスピードをあげてビジネスとして社会課題解決を推進していく。その「ソーシャルビジネスで世界を変える」挑戦に、終わりはありません。

J-naradewaが考察する
ボーダレス・ジャパンの価値創造プロセス図

【編集後記】

どんな時もビジネスモデルありきではなく、社会課題にとことん向き合い「この社会課題を解決するには」と問い続けているのがボーダレス・ジャパンでした。J-CSVを提唱される名和先生の「社会課題から入ると間違う」というお話も、一見逆のことを言っているように取れますが、それは世の中の流れに目移りし「なんちゃってCSV」をやっている企業を念頭においての言葉だとわかります。そのぐらいボーダレス・ジャパンは社会課題解決に対し「ならでは」の志とこだわりを持ち、J-CSV同様「何のために存在するのか」を問い続け、「ソーシャルビジネスで世界を変える」ことを本気で実現させるという覚悟を感じさせます。しっかり儲けを生みながら、後に続く起業家、仲間を増やそうとする彼らの挑戦を、J-naradewaは見届けていきたいと思います。

ボーダレス・ジャパン「ならではのストーリー」は今回で終わりです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  • facebook
  • twitter
  • line